お骨を埋葬していただきました

以前のホームページからの再投稿です。

2019年8月 大分県豊後高田市にある

天翔の里で私の父のお骨の埋葬をいたしました。

2年前に亡くなった父は自然葬は終わっていたのですが

長崎大学病院での献体の為、お骨の埋葬はできませんでした。

献体を生前決めていた、父の世の中のお役に立ちたいという

想いがとても素晴らしいと思いました。

「献体」とは大学での医学の解剖実習に役立てるために

自分の死後の体を提供することです。

約2年間ほど遺体が帰ってきません。

家族はなんとなく落ち着かないようでした。

天翔の里での埋葬では、すでに父は上がって成仏してるので、見えない世界でのお見送りと上がるものはありませんでした。

2年前にはお墓じまいもして、全てのお骨も埋葬しました。

(ブログでもご紹介しました→「墓じまいしました」)

今回の父のお骨の埋葬は既に自然葬が終わっていましたが、私自身や姉、兄も安心してスッキリとしました。

ありがとうございますm(__)m

父や母やご先祖様がいたからお陰様で今の自分がある。

ありがとうございます、ごめんなさい、感謝致します。

神様、ありがとうございます!

埋葬を執り行って頂いた南先生、ありがとうございます、感謝致します。

一緒に参列いただいた、小川先生や全てのお友達に感謝致します。

神様の無限の愛に無限に感謝致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください